インフォメーション

2020/04/07 12:05

運動によるダイエットのメリット・デメリット

運動によるダイエットのメリット・デメリット

体型の変化が気になり、食事制限ダイエットに挑戦しても続かず、リバウンドしてしまう人も多くいます。また、ダイエットのために行う運動も誤った方法だと、効果が得られません。

この記事では、食事制限と運動によるダイエットのメリット・デメリットについて解説し、具体的なダイエット方法も紹介します。また、ダイエットに効果的な栄養素や、ダイエットには向かない食べ物と生活習慣も紹介しますので、ダイエット成功のために役立ててください。

運動によるダイエットのメリット・デメリット

では、運動によるダイエットには、どのようなメリット・デメリットがあるでしょうか。以下で解説していきます。

運動のメリット

運動でダイエットする場合のメリットを以下で紹介します。

筋力がついて基礎代謝が上がる

スクワットや腹筋、ダンベルやマシンを使ったトレーニングなどの運動は筋力がつきやすく、継続することで基礎代謝量が上がりやすくなります。

健康維持・生活習慣病予防になる

運動はダイエット以外にも、健康維持や生活習慣病予防にもなります。腹部を動かすとお通じがよくなり、肩や腕を動かす運動は肩こりが楽になることもあります。また、血行をよくし、心肺機能も高められるので、動脈硬化や糖尿病などの予防にもつながります。

ストレス解消になる

個人差はありますが、運動を楽しむほかにも、達成感を得てすっきりするなどストレス解消にもなります。

運動のデメリット

運動してダイエットする場合のデメリットを以下で紹介します。

時間や手間がかかる

運動をしても、すぐにダイエットの効果は表れません。しかし、継続的に行うことで痩せやすい体へと変化します。時間と手間はかかりますが、筋肉は裏切りません。根気強くトレーニングを続けましょう。

過度な運動はケガや病気のリスクを高める

今まで運動をしていない人が、急に運動すると肉離れなどケガをすることがあります。また、過度な運動は体への負担が大きいので病気に繋がる場合もあります。毎日無理なく継続できる運動を心がけましょう。

有酸素運動のみを行うと痩せにくくなる

 

有酸素運動は脂肪を燃焼させますが、筋力を鍛えずに有酸素運動のみを行っていると、筋肉が落ちて基礎代謝が下がり、痩せにくくなります。ですので、有酸素運動のみを行うことは避けましょう。効率的に痩せるには、無酸素運動をメインに行い、有酸素運動を補助的に行いましょう。記事の後半部分で詳しく解説します。

 

ダイエットには、バランスの良い食事や、無酸素運動をメインに、必要に応じて有酸素運動を組み合わせた運動、そして生活習慣の見直しなどを心がけることが大切です。ダイエットを成功させるには、正しい運動と食事制限の両方をきちんと行う必要があります。

パーソナルトレーニングジム「あにもスタジオ」では、知識豊富なトレーナーによる完全個室・マンツーマンの短期集中トレーニングを提供しています。一人ひとりの目標に合わせた運動プログラムから、毎日の食事管理もサポートしてくれ、運動と食事を取り入れた効率的なダイエットを実現してくれます。

無料カウンセリングは些細なことも相談できますので、お気軽にご連絡ください。

------------------------------------------------
 あにもスタジオ/アニモスタジオ
福岡市中央区春吉3-21-8 春野南ビル2階
電話 092-287-6538
天神南駅徒歩2分 春吉バス停目の前
(中州や博多にも便利な場所です)

ダイエット、姿勢改善、美ボディを目指すなら、あにもスタジオへ 

予約バー.jpg

 

福岡市天神でパーソナルトレーニング・ダイエットジム・パーソナルジムをお探しなら

無料カウンセリングも行っておりますので、安心して始められます!